刀剣シムズ本丸日記#2 - スポンサー広告[TS3]刀剣乱舞 -刀剣Sims レビュー-

INSIGHT! into the sims

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18 2016

刀剣シムズ本丸日記#2

【ご注意!!】
 一、刀剣男士の呼び名、口調を捏造してます(特に歌仙)
 二、オリジナル審神者(おっさん)が時々SSに写り込みます(空気)
 三、あくまでも刀剣男士"ぽい"シムです。似てなくても心の目で見てください
 四、当時のLicca所有刀剣46振+審神者(おっさん)が生活してますが、人数多い為出てこない刀剣もいます
 五、数ある本丸のうちの、一本丸の様子です。イメージを損なう恐れがありますのでご注意ください
 ※プレイしたのが2015年秋~冬なので現在とは服や顔が違っているシムもいます

【Licca'sシム本丸のプレイルール】
 一、基本的にフリーウィルでの観察です
 二、(詰まったときの)移動は指示することがあります
 三、プレイに支障が出る程のオブジェクト故障/汚れは審神者に指示を出して修理/掃除させますが、基本シム任せ
 四、対人関係に関わるコマンド(会話など)は一切指示しません


以上、ご理解頂ける方のみ、続きよりどうぞ


前→刀剣シムズ本丸日記#1
次→Coming soon !


ToukenSimsDiary#2-1
歌仙「切実に一人部屋が欲しい」






ToukenSimsDiary#2-2
薬研「歌仙、非常に邪魔なんだがどいてくれないか」
歌仙「うるさい、僕は山伏と大倶利伽羅のぴろーふぁいとの様子をすけっちするという大事な任務の途中なんだ」

ふんどし一丁の山伏と、いい笑顔で慣れ合っている大倶利伽羅のな!


何故朝からこんなことをしているかって?
見てくれないか、この部屋の有様を。
起きたらこれなんだ、絵でも描いて雅な心を高めるしかないだろう。

いや、これでもまだましなんだ、この前までは庭で、寝袋で寝ていたからね。信じられないだろう?
流石に主に進言して寝所を増築してもらったのだが、如何せん建築せんすのない審神者でね。
気付けば大量の二段べっどが置かれていたよ。
なんて雅じゃないんだ。


ToukenSimsDiary#2-3
さて、完成させた絵を飾ったところで朝食でも作りに行こう。
なに、僕の絵が雅じゃない?
この絵を晒すのがしむず審神者のお約束だと、主が言っていたんだ!



気を取り直して。

僕は毎朝毎昼毎晩食事を作っているわけだが、
最初は人数に対して厨が狭くてね。
主は、広い食堂が別にあるのだから問題ないだろうと考えていたようだが…

ToukenSimsDiary#2-4
腹を空かせた者たちが皿を取りに来ただけでこの有様!
なんて雅じゃないんだ。

こうなってしまうと大変でね、
主と一緒に、
「はい、先ず大和守は少し移動しようか、小狐丸と鶴丸も順番に奥に移動して」
「よし、じゃあ鯰尾と長曽祢は厨から出てみよう。燭台切はそこの椅子に座りたまえ」
「愛染、腹が減ったのはわかるがちょっと厚の隣に座っていてくれないか」
と、まるで幼稚園の先生のように誘導してやらないといけないんだ。


ToukenSimsDiary#2-5
いい加減頭にきてかうんたーと壁を粉砕したところでようやく、
主が建築しなおしてくれて今の形に落ち着いたよ。

がらんとしていて全く持って美しくないが、
これで入口に20振以上の刀剣たちが詰まる、という見苦しい事態は起こらなくなったよ。

最近は生活のぺーすがばらついて来たせいか、ここまで多くの者が集まることもなくなったしね。



ToukenSimsDiary#2-6
さて、本日も主が溜めた画像の整理といこうか。
そうそう、先程から載せている写真は、本丸中の至る所に仕掛けられているかめらで撮影されたもので、
全てがこのぱそこん、とやらに送られてくる仕組みだよ。

ちなみにぱそこんの使い方は博多に教えてもらったよ。
博多はいつもぱそこんでちぇすをしているからね。
あとは、陸奥守もぱそこんが得意かな。ねっとで買い物をしたいときは大体陸奥守に頼んでいるよ。


ToukenSimsDiary#2-7
歌仙「さぁ、仕事を始め………ッッッ!?!?!?!?!?!?」


ToukenSimsDiary#2-8
何だこの画像は!?敵襲!?敵襲なのか!?ぱそこんから!?
それにしても雅じゃない………っ!!!


ToukenSimsDiary#2-9
ああ気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い……!

…………でも、こういうのってついつい気になって見てしまうよね。


それにしてもこんな悪戯を仕掛けるなんて犯人は一体誰なんだ!万死に値するぞ!
(犯人:薬研)

はっ!?もしやぱそこんが得意な博多なのか?!
しれっとした顔で僕の隣に座っておいて、内心ではほくそ笑んでいるというのか……!?
(犯人:薬研)

ともかく。
こ の こ と は 絶 対 に 忘 れ な い ぞ ……!!
(犯人:薬研)



ああもう、何をしようとしていたんだったか……、
そうそう、本丸内の様子だったね。


ToukenSimsDiary#2-10
相変わらず、食堂にあるてれびが人気だよ。
てれびは、番組を見ているだけで新たな料理が覚えられるからね。
実は僕も好きなんだ。


ToukenSimsDiary#2-11
そうそう、前回言いそびれたが、彼はこんのすけだよ。
……いいかい、異論は認めない。
彼は、こんのすけだよ。



ToukenSimsDiary#2-12
あとは、そうだね。
前回、我が本丸では籠球や卓球が人気と言ったが、
このすぷりんくらーとやらの存在を忘れていたよ。


ToukenSimsDiary#2-13
すぷりんくらーで遊んでいるのはだいたい浦島、今剣、御手杵、秋田だが、
それはもう結構な頻度でね。
酷いと一日中遊んでいる。畑と、庭のすぷりんくらーを行ったり来たりだ。



ToukenSimsDiary#2-14
一期一振は、ほぼ一日中弟たちとぴろーふぁいとをして遊んでいるかな。
微笑ましいんだが、場所は選んで欲しいかな。
わざわざ風呂場まで枕を持ってこなくてもいいのに、と思う僕が間違っているんだろうか。

なんというか、一人掃除をする山伏が輝いて見えるよ。



ToukenSimsDiary#2-15
最近刀剣男士たちにじわじわと人気なのが、主が導入したからおけ。
特に大倶利伽羅が気に入ったみたいでね。
なかなかまいくを離そうとしなくて困ったものだよ。


ToukenSimsDiary#2-16
それにしても蜻蛉切、そんな目の前でぶーいんぐを浴びせなくても…。


ToukenSimsDiary#2-17
うん…これは、中々微笑ましいね。


ToukenSimsDiary#2-18
来派の二人もからおけ。


ToukenSimsDiary#2-19
……うん、楽しそうでなにより。


ToukenSimsDiary#2-20
ちなみに二人が歌っているときの愛染がこちら。
……彼にはなにかお菓子でも作ってあげよう。



ToukenSimsDiary#2-21
さて、ところ変わってこちらは本丸裏。
大倶利伽羅が落ち葉を集めるという中々風流なことをしていたものでね、つい僕も手伝ってしまったよ。
畑仕事は雅ではないが、こういう季節の移り変わりを感じられることは好きさ、風流だろう。
燭台切も手伝ってくれてね、いいかんじに落ち葉が集まってきたのではないかな?

今夜は焼き芋なんていうのもなかなかおつではないか。



ToukenSimsDiary#2-22
と、思っていたのに岩融貴様ぁぁぁ!!!!!


ToukenSimsDiary#2-23
だがしかし屈しない!
僕たちは決して諦めたりなんかしない…!
見ろ!こんなに集まって!
風流だろう!?


ToukenSimsDiary#2-24
ほら、鶴丸だって楽しそうだ!
短刀たちだってきっと気に入るはずさ!


ToukenSimsDiary#2-25
鶴丸のはしゃぎっぷりは良しとして、
岩融、なぜそこから離れない?
もう目的は達成した筈だろう!?
君はずっとそこのシマリスと戯れていたまえ!!!


ToukenSimsDiary#2-26
おい陸奥守、やめろ、なんだその手に持っているものは!?
貴様もどこかで集められた落ち葉を回収してきたというのかい!?
そして無情にゴミ箱へ捨てる気かい!?岩融のように!

って、岩融、何故君はまた落ち葉に近付いてくるんだい。
折角集めたんだ、獅子王も仲間に加わってやっとこれだけ集まったんだ……!




ToukenSimsDiary#2-27
岩融、非情なり……!!!



ToukenSimsDiary#2-28
燭台切「歌仙くんそろそろ夕食の支度…」
大倶利伽羅「腹減った」
歌仙「負けない…!僕は負けないぞ岩融!なぁ獅子王!」
獅子王「正直疲れた」

こうして僕たちの激しい攻防は一晩中繰り返されたのであった。







ちなみに、何度も邪魔されては必死に集めた落ち葉はというと…、

ToukenSimsDiary#2-29
蜻蛉切が気に入ったようで、
短刀たちに変わって遊んでくれていたようだよ、夜中に。


ToukenSimsDiary#2-30
うん…、うん…、
僕はこの画像を見なかったことにしよう、彼の名誉のためにも。




さて、長くなってしまったし今回はここまでかな。
実は、最近この本丸に新たな刀がやって来てね。
日本号、物吉、後藤の三振だ。
それに、近々膝丸という刀もやってくる予定だ。
……残念ながら、彼の兄者は来なかったがね。

なので、次回は彼らの様子を中心に…
と、言いたいところなのだけれど。

何故か大人の姿をした刀剣たちが強制ばかんすに連行されてしまってね。
二日ほど留守にしていた時の様子を、短刀の誰かに報告してもらおうと思っているよ。


あとは、切実な厠問題を主にどうにかしてもらおうと思っている。

ToukenSimsDiary#2-31
冒頭で厨の刃口密度高過ぎ問題の話をしたが、実はこちらも深刻でね。


ToukenSimsDiary#2-32
就寝前なんかとくに、外にまで行列が出来てしまう始末だ。
実に雅でないが、最近厠へ行く前に限界を迎えてしまうものも多くてね……
まぁ、察してくれ。



最後にお見苦しいところをみせたが、
僕はそろそろ床に就くとするよ。
では。


二二〇六年一月一八日
歌仙兼定

刀剣シムズ 刀剣Sims

- 1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/19 (Tue) 20:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。