四天宝寺家1、仮暮らしの四天っ子~そっと私を温めて~ - スポンサー広告[TS3]テニシムレビュー(テニプリ)

INSIGHT! into the sims

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12 2013

四天宝寺家1、仮暮らしの四天っ子~そっと私を温めて~

四天宝寺家のレビューです。
もしかしなくても、アイパラレビュー以来でしょうか。
しかもあのときは金ちゃんの冒険記録だけで、四天宝寺家のレビューではなかったものね。
ごめんね放置してて。


あ、最初に言っておきますがタイトルは何ら関係な・・・くもない、かなぁ?
思いつかなかったので適当に付けましたが。
まぁ、撮影時、シムワールドも冬でしたしね。寒そうだったから。


さて、四天宝寺家ですが。
現在、四天宝寺のお家を建てる為、いつもの区画(氷帝家のお隣)からは一時的に退去してもらってます。
そこで、仮暮らしの家を、てことになったんですが。
せっかくなので、カタログに新たに追加されていた、ITFのおうちに引っ越してもらいました。
ね、もうITF入れて大分たちますがね、未だに未来に行ったことがないとかはトップシークレットですよ。
セールまで待てば良かったんじゃん馬鹿じゃんとか言わないでください私自身が一番よくわかってます。





さて。
真夜中に引っ越しをさせてしまったのでとっても眠たいユウくんですが、
もちろん小春の話はどんなに眠くてもきちんと聞いてあげるのがユウくんです。
小春ちゃんは新しいおうちに喜んでるみたいですね!良かった(*´ω`*)
しかし、せっかくの近未来風のお家なのに、全景を撮り忘れるというポカをやらかしたのは私です。

以下続きます。

Read More







1shiten2.jpg

こちらは玄関前、眠たい金ちゃんと話したがりの白石。
しかし眠たくても、食べ物の話は聞いてあげるようです。
ちなみにくどいようですがウチは10年後設定なので金ちゃんは大人でお送りしております以後宜しくお願い致します。
大人になったら金ちゃんは白石よりもおっきくなってるのが理想です。私の。




1shiten3.jpg

ユウくんと金ちゃんはとっても仲良し。
あ、未来要素!ホログラフの植物とか。こういうの意外と好きです( ´艸`)
あと扉。ぷしゅー、て音立てながら開くのが未来っぽくて好きです。




1shiten4.jpg

謙也は眠さの限界だったのか、家に入るなりうたた寝。せっかくならきちんと寝ればいいのにね(´・ω・`)夜なんだし。




1shiten5.jpg

財「今度俺の作った曲でCD出そうと思とるんすわー」
白「へー・・・」
財「もちろん買うてくれますよね?」
白「・・・・・・」

熱心に音楽について語りつづける財前と、眠たいのか話半分で聞き流しながら終いには欠伸とかしだす白石。
千歳はいたってマイペース。新居にきたって構わず読書。




1shiten6.jpg

うたた寝から起きてきた謙也が白石に熱心に語りかけるが、やはり眠くて機嫌が悪いのか、欠伸をしながら嫌な顔。
白石シムはB型面がシムに色濃く出てしまったのか、中々のゴーイングマイウェイっぷりを発揮してるんですが、
それでもみんなに好かれてて、いつも誰かが話しかけに来る白石はさすがだと思います。




1shiten7.jpg

ユウくんと小春はおやすみ中。
このベッド、中が見えるのが可愛いですね(*´ω`*)
しかしお布団掛けてないからか、寒そうですよね。冬だからそう思うのかな。
夏だったらきっとね、涼しそうでいーなーとか思うんでしょうが。
でも、色合い的にもちょっと暖かそうとは思えないですよね・・・。




1shiten8.jpg

ここにもっと寒そうな人が。
ごめん銀さん!!!ベッドは、空いてるスペースに3つくらい足して、
ダブルベッドが合計6つくらいあるはずなんだけど・・・。
友好度の関係で、一人でベッド使ってるシムが何名かいたから・・・。
(どうしても近未来風ダブルベッドが使いたかったから二段ベッドは用意しなかたんだ・・・)

ちなみに余談ですが、私はベッドの使用権は設定しない派です。
あ、氷帝家だけは、それぞれのキャラに合わせて部屋を作ったので、一応設定してるんですが。
なので、シムの間でいつもベッドの争奪戦が起こっておりまして。
ダブルベッド率が高いおうちの場合、必ずあぶれてソファでうたた寝のシムが出ます。
というわけで、今回の犠牲者は銀さんのようですね。哀れやな・・・(-人-)合掌


しかし・・・私はこのとき、気付いていませんでした。
もっと寒そうで、もっと哀れなシムがいたことに。




1shiten9.jpg

さて、翌朝。
起床するなり、小春にジョークを言って笑かしているユウくん。
この二人は本当に仲良しで。あっという間に親友でございます。
ユウくんは比較的友達が多いシムなんですが、中でも特に小春と金ちゃんとは仲良しみたいです。




1shiten10.jpg

起床後、パンイチでビリヤードな大人金ちゃん。
うん・・・中々カッコイイですが、こう・・・アレですね、
幼い頃、周りにパンイチな人がいたせいで、影響を受けてしまったんでしょうか。

しかし金ちゃんのこういう姿を見ると、やはりティーンシムの金ちゃんも作ってあげたいなぁと思ってしまいますね。
・・・というか、年齢的には王子たち全員、ティーンなんですけどね。
手塚とか真田とか、正直この歳になっても私より年上なんじゃないかと思うことがありますが、それでもティーンですもんね。
小児科に子供を連れて行って、待合室に手塚や真田がいたら、確実にパパだと思いますよね。もしくは研修生かな、とか。
「お子さんが風邪ひかれたんですか?」とか話しかけてしまいそうだよね。





1shiten12.jpg

暖かい部屋で、和やかな朝食の風景。
ユウくんは、小春にダメ出ししてるワケじゃなく、料理についてのジョークを言ってるんだそうで。
小春ちゃん大喜び(*´ω`*)
この二人は「笑いのセンス有り」の特質を付けてるので、ヒマさえあれば冗談言って笑ってます。




そしてここで一度、姿の見えない謙也と千歳にカメラを向けてみましょう。





1shiten11.jpg

謙也さん、何だかとっても青くなってます。




・・・・・・。
実はここ、ガレージ?でして。
仮住まいなんで空いてるスペースを見つけてベッドを配置して回ってたんですよ。

そのときには気が付かなかったんです。



まさかここが屋外扱いだったとは。



確かに良く見てみれば、壁の一部がアーチになっていまして。
床とか、寒すぎて霜はってますね。
気温は氷点下。
氷点下の中、屋外で半袖で寝てたら・・・まぁ、普通は死にますが。


謙也のコマンドには「凍りつく」の文字が。
そして、大きな身体を折り曲げて気持ちよさそうにすやすやと寝ている千歳ですが、
彼のコマンド欄にも、「〇時まで寝る」の次には「凍りつく」の文字が・・・・・・。




1shiten14.jpg

変わってこちらは再びダイニング。
穏やかな朝食風景です。
パンイチが二人いますが、要するにパンイチでも快適に過ごせるほど暖かい室内ということですね。
暖かい室内で、美味しい朝食をいただきながら、和やかに談笑しております。





1shiten13.jpg

まさかここで、二人が凍りついて死にかけているとも知らずに・・・・・・。


これは解凍してもらわなきゃヤバいな、と、
誰に頼もうか迷っていたところ・・・・・・。





1shiten15.jpg

なんと財前が、コチラが指示せずとも自ら進んで千歳の解凍にやってきてくれました!


意外な人物の意外な行動に心打たれてしまいました。

しかし、その調子で謙也の解凍も頼むよ!と指示を出したところ・・・。

熱くスルーされたばかりか、金ちゃんと二人、千歳と謙也を見てクスクスと笑いながら去っていってしまいました。


何なのこのコ!?
せっかく、自ら進んで善行を行ったところなのに・・・!
コッチが指示したらやらない、ってどういうことなの!?
なんてツンデレ・・・!




1shiten16.jpg

仕方がないので、先程まで凍っていた千歳さんに解凍を依頼。
千歳はちゃんと素直に指示に従ってくれました。
凍りついてる辛さがわかるからなんでしょうかね(適当)。


しかし、以前立海レビューでも、幸村とブン太が赤也の解凍を拒否してきたんですが、
なんなんですかね、コレ。何で拒否るん?

あと、もう一つ疑問なんですが、コレ、放っておくとどうなるんでしょうか・・・・・・。
一定時間過ぎたら回復するのか、それとも・・・・・・。

怖くて試したことはないですが。




1shiten17.jpg

さて、再びキッチンへ。
白石が人気者すぎるwww
小春は金のことを話してますが、ユウくんはちゃんと小春のこと考えてるのがらしいな、と思いました。
しかし、財前と金ちゃん。
さっきガレージに向かったとき、上着に着替えたんだからさ、ついでに普段着に着替えれば良かったじゃない。
なんでまたパジャマに戻るのさ?

コレもいつも疑問なんですよね・・・。
パジャマ姿のとき、外に出ようとするときちんと上着に着替えるくせに、
家に戻ってくると再びパジャマに戻るという・・・。

例え家の中とはいえ、出来ればパジャマでウロウロしないで欲しい派の私としては非常に気になります。
そして、そんなことを言っている私は今現在、がっつり部屋着なわけですが。
いや、シム界での話です。
面倒くさくてきちんとパジャマ設定してないから、出来れば普段着でいて欲しいというか・・・・・・。




1shiten18.jpg

未だに寒そうな二人は、ようやく朝食。

しかし、顔色が悪くなると際立つ、ウチのシムの不細工加減。
・・・・・・今度また、整形し直しておきます。。。




1shiten19.jpg

何故か二人、朝食を終えるなりユウくんの元へ。
今朝の愚痴でも言っているんでしょうか。



さすがにこのまま終わっては可哀想なので、
謙也、千歳、ユウくん、金ちゃんの四人でちょっと公園?に出かけてもらうことにしました。




1shiten21.jpg

アレです、ヴァイオリンがオマケで付いてくる(というか私的にはヴァイオリン目当てで購入した)、あの長ったらしい名前のロットです。デュークなんちゃら、とかいう。

流石に一度も使わないのは勿体ないので、サンセットバレーには不似合いなのを承知でロットを設置。


ユウくん、千歳、金ちゃんはさっそくアーチェリーへ。
謙也はあぶれてしまって、地団駄を踏んでるところですw

アーチェリー、初めて見たときは「おぉ!!カッコイイ!!」って思ったんですが、
まぁ3分も見てれば飽きますよね。
コレ、スキルが上がったらもっと色々できるのかな?
きちんと確認してませんが、上がるのはスポーツスキルのようですがね。


私は早々に飽きてしまったのと、Twitterにも画像を上げてたのとで、
これ以上アーチェリーSSはないんですが、
シム達は中々飽きないらしく、何度もアーチェリーで遊んでました。
他に娯楽がない、という言い方も出来るかもしれませんが。




1shiten20.jpg

全体的に謙也が可哀想だったので、ヴァイオリンを優雅に奏でる謙也さんを。

流石、侑士の従兄弟なだけあって、自ら進んでヴァイオリンを弾きにいきました。
まさか、公園に無造作にヴァイオリンが置いてあるとは思いもしなかった私は、
謙也がヴァイオリンを弾いているのを見つけて割と驚きました。






1shiten22.jpg

最後に。
ITFを購入された方はご存じだと思いますが、奥にある、少し光ってるあの物体。
コレ、料理スキルがなくても、色んな種類の料理がすぐに出てくるという優れものでして。

少しずつ料理スキルが上がっていって、少しずつレシピを覚えて、少しずつレパートリーが広がっていく過程が好きな私としては非常に寂しい感じがしてちょっとアレですが。

とにかくコレ、簡単に料理が出てくるせいか、シム達がみんな、次々と新しい皿を出すんですよ。
しかも冷蔵庫が必要なくなったせいか、しまう場所もない。
そのせいで、画面には4つ程放置された皿が写ってますが、この奥のカウンターにも、
そして置ききれなくなってついには床にも、料理の皿が放置されておりまして・・・・・・。
ちょっと困りものですよね。

ただ、私はスキル上げという行為は指示しない派&レシピ本を買って与えるということも滅多にしないので、
普段見ないような料理が食卓に並んでいるのは、ちょっと楽しいですが(*´▽`*)




さて、かなり長くなりましたが、以上で四天宝寺家レビュー第一回は終わりです。
いつも、余計なことをぐだぐだ書くから長くなるんだとわかってはいるんですが、
中々反省が活かされることはありませんね!

それでは!
次は多分・・・比嘉家の様子か、もしくは懐かしの大学編の続きか・・・ってところですかね。

相変わらずシムれてはいないんですが、
とにかく色んなSSが山のように溜まってるので・・・テンポ良く消化して行きたいと思います(`・ω・´)

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。